スピードラーニング 第8巻 レビュー

スピードラーニング英語 第8巻「パーティー」の感想・評価・レビュー

スピードラーニング英語 第8巻のテーマは、「パーティー」です。



海外ドラマや映画を見ると、パーティーのシーンがやたら多いですが
アメリカ人がパーティー三昧なのはなぜ?って、実はずーっと気になっていました。
アメリカ人の陽気でお祭り好きな性格がパーティーに走らせるのでしょうか。
でも、どうもそれだけではないみたいですね。

スピードラーニング第8巻では、アメリカで行われる気軽なパーティーから
結婚式、ベイビーシャワー、バッチェラーパーティーなど、伝統的なものまで紹介されており
アメリカ人の、パーティーへの思いが理解できる内容となっています。(^^)

収録時間は、
・English-Japanese 49分
・English Only 15分

第8巻「パーティー」を聞いてみての感想・レビュー

アメリカのパーティーには、カジュアルなものから、伝統的なものまで幅広くありますが、
この第8巻を聞いて、アメリカ人にとってのパーティーは、
人と人とのつながりを大切に思う、温かみのあるイベントだと感じました。(^^)

伝統的なものでは、結婚式やバッチェラーパーティ、ベイビーシャワーなどがありますが、
誰かをお祝いするために仲間が集まる・・・って考えただけで素敵ですよね。
ハウスウォーミングパーティー、スランバーパーティーなど、気軽なものでも
友人と楽しく過ごす時間を大切に思う気持ちが、そこにあると感じました。

たとえば、引越をしたら・・・、新しいお部屋を和んだ雰囲気にするために
友人たちが、ハウスウォーミングパーティーを開いてくれるのだとか。^^
近所の人も招待するので、近所の人の知り合いも増えて仲良くなれる・・・
これって、日本では考えられないことです。^^;

ちなみに、ハウスウォーミングパーティでは、こんなフレーズが使われていました♪



“ Hey, I know what this place needs. ”
(そうだ、この家に何が必要かわかったわ。)

“ What? ”
(何なの?)

“ A housewarming party! ”
(ハウスウォーミング・パーティーよ。)

日本の都会では、隣近所に誰が住んでいるのかわからないことも多いですから
なおさら、人と人との関係を大切にするアメリカの習慣を、少しうらやましく感じました。

アメリカ人はお祭り好き、パーティー好きって勝手に思い込んでいましたが
実はそこには、ちゃんとした意味があるんだ・・・ってことに気づかされた1枚でした。

よかった点・高評価なポイント

アメリカ人からパーティーに誘われた際、疑問や不安が渦巻くと思うのですが・・・
パーティーに、何を着ていけばよいか、どう振舞えばよいか、どんな会話をすればよいかなど、リアルな会話を通して解説されていたので、聞いているだけで自然と心構えができてくるのが不思議です。これから外国人の友人を作りたい人にとって、パーティーについては必ず知っておきたい必須のテーマだと感じました。

また、特別なパーティーの例として、結婚式に多くのページが割かれていたことも高評価なポイントです。
実際にアメリカでは、どんなウェディングが行われているのか、贈り物はどうすればよいか、服装の注意点など、アメリカのウェディング事情は、興味深いテーマなので、楽しく聞くことができてよかったと思います。

よくなかった点・低評価なポイント

1点残念だったのは、ハロウィンパーティーやバレンタインデーについて語られていたのに、クリスマス、感謝祭について何も触れられていなかったことです。一般的に、アメリカにはパーティーが多すぎると言われていますから、すべてを紹介するのは難しいかもしれませんが・・・。それでも、クリスマス・パーティについての説明は聞きたかったなぁ〜と思いました。^^;

・・・それはさておき、この第8巻「パーティー」を聞いて、今まで何気なく見ていた映画や海外ドラマでのパーティー・シーンを、これからは少し違った視点で、より深く内容を理解することができるのでは?と少しワクワクしたのはホントです。(^^) 

今はまだ、外国人の友人がいない場合でも、ホームステイや海外留学などの機会があれば、パーティーを体験するチャンスがあるかもしれませんね。(^^)