スピードラーニング 第4巻 レビュー

スピードラーニング英語 第4巻「文化の違い」の感想・評価・レビュー

スピードラーニング英語 第4巻のテーマは、「文化の違い」です。



「日本の文化と他の国の文化、具体的にどんな違いがあるの?」と
外国人から質問されても、返答に困ってしまう日本人って意外と多いみたいですよね。^^;

日本の文化といえば、古い伝統を守ってきた芸術や学問のことだったり、
人間社会が形成してきた、衣食住に関する振る舞いや慣習のことを言いますが
こういった日本の文化について正しく英語で表現するって、なんか難しく感じてしまいます。

スピードラーニング第4巻では、家族・子供との接し方、仕事に対する思いや姿勢、
食事のマナー、ハグの習慣、家の中で靴をはくこと、レディーファースト・・・などについて
日本とアメリカにおける習慣の違い、考え方の違いがわかる内容となっています。

収録時間は、
・English-Japanese 50分
・English Only 16分

第4巻「文化の違い」を聞いてみての感想・レビュー

日本の文化・慣習に、強い興味・関心を持つ外国人はとても多いですよね。
肝心の私たちは?というと、自分達のことについて、意外とよく知らないために
英語で表現する方法を持ち合わせていないような気がします。

たとえば、自分の意見をあまり言わないこととか、仕事をしすぎる理由とか、
靴を脱いでから家に入る習慣、日本独特の食事マナーについてなど、
ごく当たり前のことを、外国人にわかるように説明できることが求められるんだと思いました。

また逆に、アメリカ人のハグの習慣は、いろんな意味で興味深いと感じました。
第4巻では、日本人女性がアメリカ人の友人に、「ハグ」の習慣について
質問攻めにするシーンがあるのですが、これがすごく面白かったです。(^^)

恋人同士はもちろん、友達同士の男女、親子間でもハグは当たり前ですが・・・
抱き合うだけでなく、頬にキスするしぐさもあり、ハグって誰とどんな時にするの?
恥ずかしくないの?・・・といった疑問も、ストーリーを聞いて納得できました。

ちなみに、ハグについて質問攻めにするシーンでは、こんな英語表現が使われていました。



"Do all Americans do that?"
(アメリカ人は皆そうするの?)

"Even if your friend is a man?"
(男の友達でも?)

"How about someone you meet for the first time?"
(初めて会った人とは?)

知りたいことを聞くときに、いろんな応用ができそうです♪(^^)
ストーリー全体を通して、会話のリズムが軽快で聞きやすかったのが印象的でした。

よかった点・高評価なポイント

第4巻では、日本人とアメリカ人の考え方の違いについて、
いろんなコトが浮き彫りになる点が、とてもおもしろいと感じました♪


ストーリー中で、日本の文化・慣習について、いろいろ紹介されているので
外国人の方と、もっと仲良くなるためのキッカケづくりに、大いに活用できると思いました。
「日本の◎◎ってどうなの?」・・・って英語で聞かれても説明できるようになったり、
逆に、「アメリカの◎◎はどうなの?」って聞くことが出来るので、会話も弾みそうな気がします。

ホームステイを予定している方や、友達同士の会話に、おすすめのフレーズが多いです。
フレンドリーなストーリーで、会話のテンポも軽快で楽しく聞けるところもお気に入りです。

よくなかった点・低評価なポイント

第4巻では、アメリカと日本の文化について、いろんな違いを取り上げていますが・・・
1つ1つの違いについて、ストーリー内容がシンプルすぎ!?ざっくりな印象を持ちました。

「もう少し突っ込んだ会話を聞きたい!!」
と思うところがいくつかあったので、そこが少し残念なところかもしれません。^^;

・・・・とはいえ、これだけいろんなテーマを取り上げていますので、
会話のキッカケづくりには、十分に役に立つのでは?と思います。
この後、どのような展開が待っているのか、それぞれの会話で楽しめばいいことかもしれません!?

これまで聞いた1〜4巻の中では、いちばん身近で、楽しく聞けたストーリーでしたので
何度も何度も聞いて、自分の中に落とし込んでいけたらと思います。