スピードラーニング 第2巻 レビュー

スピードラーニング英語 第2巻「旅行の英会話」の感想・評価・レビュー

スピードラーニング英語 第2巻のテーマは、「旅行の英会話」です。



「旅行び英会話くらい楽勝!」と思っていても、実際に海外旅行へ行ってみると
英語がぜんぜん通じなかったり、相手の英語が聞き取れなかったりで・・・
ガックリと肩を落として、帰国される方も多いのではないでしょうか。汗)

スピードラーニング第2巻では、海外旅行ですぐに使える表現が多数収録されており
機内、空港、ホテル、レストラン、観光、ショッピングなどのシーンの他に
道の聞き方、バッグの紛失、病気の対応についてまで、幅広く紹介されていくストーリーです

収録時間は、
・English-Japanese 55分
・English Only 17分

第2巻「旅行の英会話」を聞いてみての感想・レビュー

旅行英会話のフレーズ集というのは、書店にいろいろ並んでいるけれど
実際に英語が会話形式で聞けて、旅行の雰囲気まで味わえる教材CDは初めてでした。
しかも、フレーズ集に掲載されている場面について、ほとんど網羅されていたのでびっくりです。

私が、この第2巻を聞き始めたのは、海外旅行の約2ヶ月前です。
最初は、あまり聞き取れる量が多くなかったのですが、
海外旅行に特化した内容だったので、次第にフレーズが耳に残っていく感じがありました。

海外旅行中は、レストランでの英語がまったく聞き取れないのが悩みで、
話しかけられてもわかったフリをして、愛想笑いをしていた私・・・^^;

ですが、このCDを何度も何度も聞き込んでから、海外旅行に出かけたところ
第2巻に収録されていたフレーズのまま、レストランで話しかけられたので、
うわぁ!聞き取れた。意味もわかる!・・・という嬉しい体験ができたのが最高でした♪



そのフレーズがこれです。

“Are you ready to order dinner, too?”
(お食事のご注文もお決まりですか?)

たったこれだけなのに、聞き取れたときの嬉しさと言ったら!!!
少し大げさかもしれませんが、旅行英会話のフレーズ集だけでは、
リスニング力が育たないですから、こんな感動は味わえなかったと思います。

よかった点・高評価なポイント

第2巻「旅行の英会話」のよかった点について、率直な感想を書いてみたいと思います。
まず、実際の海外旅行シーンを再現したストーリーが楽しめたことですね。(^^)

海外旅行で使うフレーズは、とてもありふれていますが
会話形式になっているため、自分がまるで、その場にいるような気分になれたこと、
バーチャルではありますが、場数を踏むことができ
実践に備えられたことが、評価できるポイントだと思いました。

こんなフレーズを使いたい!という英語表現がたくさん見つけられたのもよかったです。

バッグの紛失を届けたり、胃痛の夫を連れて病院の救急室へ行くシーンなどもあり、
本当に困ったときに、どんなやりとりがされるのか?実際の会話で聞くことができたので
イザというときに慌てることなく、冷静に対応できそうな気がしました。

よくなかった点・低評価なポイント

次に、「旅行の英会話」のよくなかった点について、率直な感想を書いてみたいと思います。
実は、CDの前半と後半で、登場人物がいきなり変わったことに、少し戸惑いました。^^;

前半は、ロサンゼルスへの男性の一人旅で、伊藤氏が主人公だったのですが
後半ニューヨークの観光シーンでは、山田夫妻に変わっていたのです。

男性の一人旅と思っていたのに、途中からいきなり女性が登場したので
いつ合流したのだろう?・・・と思っていたら、まったく別人だった・・・・という話でした。^^;
最初はスクリプトは見ずで聞き流すだけ・・・の学習法でしたので
混乱したまま(勝手に想像して)聞いていた時間が少し長かったように思います。


それはさておき、旅行英会話がテーマになっている英語CDで
これだけ濃い内容で、しっかりまとまっている教材は、他になかなかないと思います。

空港の税関で止められたり、美術館でチケットを購入したり、道を尋ねるシーンなど
ストーリーが本当にリアルで、海外旅行のワクワク感が疑似体験できることが
長く聞けて、楽しめるポイントだと思いました。