スピードラーニング 第1巻 レビュー

スピードラーニング英語 第1巻「日常英会話」の感想・評価・レビュー

スピードラーニング英語 第1巻のテーマは、「日常英会話」です。



一般的に、「日常英会話くらい話せないと!」・・・・なんてよく言われますが、
でも日常英会話って、どんな内容のことを指すのか?
・・・なんとなくわかるようでいて、イメージしにくい、そんな印象があると思います。^^;

スピードラーニング第1巻では、いきなり!アメリカ人一家が、お隣りの家に引っ越してくるのですが、
引っ越しのご挨拶、お互いの家族の紹介、自宅にお茶を招待したり・・・などの
ご近所づきあいをする中で、ストーリーが展開していく内容になっています。

収録時間は、
・English-Japanese 51分
・English Only 16分

第1巻「日常英会話」を聞いてみての感想・レビュー

お隣の家に、まさかアメリカ人家族が引っ越してくるなんて!?
現実にありそうで、なさそうなシチュエーションだけれど、本当に引っ越してきたら・・・
自分だったら、どんなお付き合いができるだろう?というワクワク感が楽しめた1枚でした。

特によかったのは、アメリカ人のご家庭(親子間)でどんな会話がされているのか?
日常的に使われている英語フレーズが、たっぷり聞けたことです。(^^)

親子でチョコレートケーキを焼くシーンがあったり、
パーティーに来ていくドレスについて、母娘で意見を言い合ったり・・・。
仕事で疲れて帰ってきたお父さんを気遣った言葉だったり。
夫婦の会話、親子の会話が、とてもリアルに描かれていたのが面白いと感じました。

特に、母娘がキッチンで一緒にチョコレートケーキを一緒に焼くシーンが好きです。



“Would you pass me the measuring cup? ”
“Now we mix together the eggs, milk, cocoa, and flour into one bowl, ”


・・・といった会話が収録されていましたが、
こんなふうに、キッチンで楽しく会話できたら、なんか楽しいなぁ〜と思いました。


よかった点・高評価なポイント

この1巻では、初対面での挨拶、朝食での会話、お見舞い、パーティで着るドレスについて、
見に行く映画について、ケーキの焼き方、帰宅したお父さんとの会話、
男子高校生同士の会話・・・・などなど、内容が広範囲に渡っていますが、
アメリカ人の考え方や、英語ならではのフレーズが、たっぷり楽しめる1枚だと感じました。

特に、ホームステイを考えている学生さんにおすすめかと思います。(^^)

・・・・というのも、私自身、アメリカでのホームステイ経験があるのですが、
アメリカ人の生活習慣や会話の流れ、よく使うフレーズを知らないために、
十分なコミュニケーションができなかったと感じるからです。

でもこの1巻を聞き込むことで、
ホームステイで戸惑うことなく、充実した時間が過ごせるのでは?と思いました。
学生の頃、この教材の存在に気づかなかったことが悔やまれます。^^;

よくなかった点・低評価なポイント

第1巻は、日本人家庭と、アメリカ人家庭の交流を描いたストーリーですが、
内容について、少し中途半端な感じがあり、もう少し続きを聞きたいと思ったことです。^^;

鈴木夫人が、ミラー夫人(アンさん)に対して、
「今度、吉祥寺への買い物を案内するわ」といって、シーンが終わるのですが
え?ここで終わり?もっと聞きたかったのにぃ〜・・・という気持ちにさせられました。^^;
ちょっと消化不良ですが、収録時間の関係もありますから、仕方ない・・・ですね。


少し不満もありますが・・・・

これ1本で、日常的な話題にいろいろふれながら
バーチャルでも、アメリカ人とのリアルな交流や、ワクワク感が体感できたこと、
自分がその場にいるようなイメージができたことが、よかったです。

知らない単語もありましたが、「英語⇒日本語」の順でストーリーが楽しめたことも、
飽きずに長く聞けるポイントだと感じました。(^^)