スピードラーニング ビジネス 比較

スピードラーニングとスピードラーニング・ビジネスって、どちらがいいの?

スピードラーニング・ビジネスは、2014年6月に発売されたばかりの、ビジネス英語に特化した英語教材です。今までのスピードラーニングと“何が違うの?”自分はどちらを選べばいい?って悩む人も多いのではないでしょうか。

 

どちらもエスプリラインの商品なので、構成はほぼ同じです。
 ・聞き流すだけでOK
 ・「英語→日本語」の順番で英語が聞ける
 ・クラシック音楽によるリラックス効果がある
 ・無理なくリスニング力を鍛える
          ・・・・といった部分ですね。

 

明らかに違うのが、教材の内容です。

 

日常英会話か?ビジネス英語か?ですね。

 

      ↓↓↓

教材内容の違い

スピードラーニング英語は、海外旅行、生活・文化・習慣、イベント、留学・学校、国際結婚についてなど、外国人とのコミュニケーションに役立つ実践的なフレーズが多く収録されています。日常的に行われている自然な会話を通して、アメリカでの日常生活にふれたり、アメリカと日本の文化や習慣、考え方の違いを知ることができる内容です。

 

●CD2枚組
Disc1: English-Japanese CD(英語-日本語)
Disc2: English Only CD(英語のみ)

 

−−−−−−−−−−−−−−
スピードラーニング・ビジネスは、電話、会議・商談、企画の提案、クレーム対応、上司・同僚とする雑談など、ビジネスシーンで役立つ実践的なフレーズが、会話形式で学べる内容です。ユーモアたっぷり&ドラマ仕立てのストーリーなので、ビジネス英語にありがちな堅苦しさを感じせません。自然な会話を通して、日本とアメリカの商習慣・考え方の違いも理解できるメリットもあります。
※ビジネス版には、話す練習をするためのシチュエーションパートナー(Disc3)が追加されました。

 

●CD3枚組
Disc1: English-Japanese(英語-日本語)
Disc2: English Only(英語のみ)
Disc3: Situation Partner(シチュエーションパートナー)
     ・・・英語を話すための練習CD、聞き流しと並行してロールプレイの練習が可能。

 

≪教材選択のポイント≫
英語の初心者にとって、ビジネス英語は堅苦しくて難しいイメージがありますよね?英語の基礎がない人、不安な方は、はじめは無理をせず、日常英会話が学べるスピードラーニング英語から始めると、耳を慣らしやすいかと思います。

 

一方で、英語の基礎知識がある方、過去にビジネス英語の学習で挫折した経験のある方、ビジネスシーン独特の表現方法が知りたい方には、スピードラーニング・ビジネスがおすすめです。ネイティブ上司・同僚とする雑談、明日からすぐ使える役立つ表現も豊富なので、かなり重宝すると思います。

 

サポート内容の違い

どちらの教材も、無料電話の英会話レッスンが月2回(各5分)利用可能です。
ネイティブ、またはバイリンガルスタッフと、電話で会話の練習(フリートーク、リッスン&リピート)が受けられるサポートがついています。その他、アドバイザーによる悩み相談も受け付けています。

 

※フリートーク、リッスン&リピートのほかに、スピードラーニング・ビジネスのみ、「シチュエーショントーク」(ロールプレイング形式による実践練習)が選択できます。

 

≪教材選択のポイント≫
サポート内容に大きな違いはありません。スピードラーニング・ビジネスの電話レッスンに、「シチュエーショントーク」が追加されている以外は、ほぼ同じです。どちらの教材も、無料の電話レッスンが月2回まで活用できますので、英会話の練習にぜひ活用したいものです。

 

 

教材価格・費用の違い

★スピードラーニングの価格は?
  ⇒初回セット:9,400円(送料無料・税別) ※初回セットのみ「2巻セット」での購入
  ⇒2ヶ月目以降:4,300円(送料込・税別)
 ※毎月1巻ずつのお届けが可能(全48巻) ※途中いつでも受講停止・解約OK

 

★スピードラーニング・ビジネスの価格は?
  ⇒初回セット:6,000円(送料無料・税別)
  ⇒2ヶ月目以降:6,300円(送料込・税別)
 ※毎月1巻ずつのお届けが可能(全12巻) ※途中いつでも受講停止・解約OK

 

≪教材選択のポイント≫
1巻分の値段で比べると、スピードラーニング・ビジネスの方が若干高めです。この値段の差は、補助教材として、3枚目Disc「シチュエーションパートナー」が含まれているから・・・ですね。

 

価格だけ見れば、安い方がお得な気もします・・・。でも結局は、その教材内容が自分に合ったものでない限り、学習が長く続きませんので、無駄な出費になる可能性大でしょう。

 

本気でビジネス英語を学ぶなら、この補助教材で、英語力がさらに磨かかれると思います。もちろん、聞き流すだけの学習法も、初心者が気軽に続けられる学習法として、いいと思いますけどね。英語への苦手意識が克服できたり、使えそうなフレーズを覚えたりすることで、将来の可能性も広がります。そう考えると、安い出費と言えるかもしれません!?

 

 

どちらの教材が、より効果が出やすいか?

もともとの英語レベルにもよりますし、本人のやる気度や、教材の難易度もまったく違います。
ですから、単純比較はできません。(+_+)

 

ただ私個人としては、話すための補助教材が付属しているスピードラーニング・ビジネスの方が、学びやすさの点でポイントが高く、成果に結びつきやすい!・・・と思うのです。

 

聞き流すだけでも、リスニング力は高まりますが、結果を急ぐなら、やはり積極的に学べる補助教材の価値は大きいのではないでしょうか。ちなみに、スピードラーニング英語にも、補助教材(スピークパートナー)があります。別売りですが・・・。

 

≪教材選択のポイント≫
ビジネス英語を学びたいけど、難しすぎて学習が続かない・・・というビジネスマンこそ、スピードラーニング・ビジネスがおすすめです。たとえば、ご家族同伴で海外転勤されるケースもあると思いますが、今すぐ仕事で英語が必要な場合は時間がありませんよね。自分の目的に合ったものを選んで、効果的に学びましょう。

 

一方で、英語はまったくの初心者・・・という方は、日常英会話から入れるスピードラーニング英語がおすすめです。英語への苦手意識を克服したり、耳を慣らしたり・・・。でもレベルの高すぎる教材は、挫折しやすいですからね。必ず自分レベルに合った教材を選んでくださいね。

 

 

スピードラーニングとスピードラーニング・ビジネスの比較 〜まとめ〜

最後に、エブリデイイングリッシュとスピードラーニング・ビジネスの≪違い≫をまとめてみました。

 

スピードラーニング英語 スピードラーニング・ビジネス
教材内容 毎月届く通信講座タイプの教材。全48巻。 毎月届く通信講座タイプの教材。全12巻。
教材費 初回セット9,400円(送料無料・税別) 2ヶ月目以降、1巻4,300円(送料込・税別) 初回セット6,000円(送料無料・税別) 2ヶ月目以降、1巻6,300円(送料込・税別)
無料試聴期間 10日間 10日間
学習方法 聞き流すだけ 聞き流すだけ+補助教材(英語を口に出す練習)
期待できる効果 外国人とコミュニケーションできる英語力 ビジネスシーンで、自分の意見をはっきり発信できる英語力
学習の期間 1〜4年程度(個人差あり) 12ヶ月
教材の特徴 ナチュラルスピードのアメリカ英語を採用。ポーン!という音の後に、英語がスタートで、集中力が途切れない工夫あり。 同左
収録音声 英語→日本語
※英語オンリーCD付き
同左
付属テキスト あり あり
サポート 無料の電話レッスン(月2回・各5分)、アドバイザーによる悩み相談 他 同左
公式サイト ⇒ スピードラーニング英語 ⇒ スピードラーニング・ビジネス

 

似ているように思えても、細かく見ていくと違いがはっきりですね。(^_-)-☆

 

自分にあう英語教材かわかったら、まずはお試しCDを申し込んで、聴いてみるといいですよ。

 

⇒ スピードラーニング英語 公式ページはこちら!

 

⇒ スピードラーニング・ビジネス 公式ページはこちら!