スピードラーニング英語 3週目は英語オンリーCDにチャレンジ

スピードラーニング英語〜3週目〜 英語オンリーCDを聞いてみた

第2巻「旅行の英会話」を聞き始めて、約1週間。
「英語⇒日本語CD」で、英語の意味がだいぶ理解できてきたので
早々に「英語オンリーCD」を聞くことにしました。(^^)



「英語オンリーCD」を聞いてみた感想は、
会話のスピード感が、ぜんぜん違います・・・。

どちらのCDも、ネイティブ英語が収録されていますが
「英語⇒日本語CD」では、フレーズとフレーズの間に、日本語訳が流れたり、
英語フレーズがはじまる前に、「ポーン!」という合図の音が入るので
英語を聞くための「心構え」がしやすかったと思うんです。

でも、「英語オンリーCD」では、何の心構えもなく
ナチュラルスピードのネイティブ英語が容赦なく流れていく・・・。
あまりのスピード感に、正直、面食らいました。

ただそんな状況でも、英語が理解できたと感じられたのは不思議な感覚でした。
会話のスピードについていくのに、必死ではあるものの、
フレーズごとに、英語のイメージがちゃんと頭に浮かぶんです♪

「英語⇒日本語CD」をたっぷり聞きながしたおかげでしょう。^^
このフレーズはこういう意味だったよね?って思い出しながら聞けたのが嬉しかったです。

ちなみに今週は、こんなフレーズを覚えました。(^^)



タクシーから降りる時のフレーズです。

“ Thank you. How much do I owe you? ”
(ありがとう。おいくらですか?)

“ Here's a fifty. Keep the change. ”
(はい、50ドル。お釣りは、取っておいてください。)


“How much do I owe you?”・・・を直訳すると、
どのくらい借りがありますか?となり、頭の中が?(ハテナ)になりますよね。^^;

「おいくらですか?」を英語で何と言うか?
・・・考えてみると、いろいろ浮かぶのですが、
少し聞きなれないこの表現が、アメリカ人らしい言い方なんだなぁ〜と思いました。
海外でタクシーに乗ったら、使てみたいフレーズです。ヽ(*^^*)ノ

また、“Keep the change.” も、チップを渡す時のスマートな表現だと感じました。
ただ、その状況を思い浮かべると・・・
「チップ込みで、いくら渡せば丁度いいか?」
計算に弱い私にとって、ものすごく時間がかかりそうな気もしています。^^;

2回目のフリートークを体験しました

スピードラーニング英語の受講をはじめて3週間目。
今週は、2回目のフリートークを行いました。(^^)
電話のお相手は、ネイティブの男性の方です。

初回ほどではなかったものの、今回もすご〜く緊張しました。
5分間のフリートーク中は、理解できない単語もチラホラあり、答えに困ってしまうことも・・・。

私の悪いクセは、相手の言葉が聞き取れないときに
“ Pardon? ”を何度も何度も繰り返して、相手に聞き返してしまうこと。^^;

“ Sorry, what did you say? ”
“ I beg your pardon? ”

・・・・など、いろんな聞き返し方を知っておくと
会話がマンネリにならなくて、少しよいのかな?・・・などと思ったり。(笑)

まだ、英語のリスニングをはじめたばかり・・・とはいえ、
この程度の英語レベルで、海外旅行でのいろんなコトに対応できるのか?
少し心配になってきました。

ネイティブの発音って聞き取りにくい!・・・なんて言ってられませんね。
聞き流しの時間をもう少し増やして、英語耳をしっかり育てていこう!と思いました。

思い立ったら今すぐ!
返品OK!10日間無料試聴CDを申し込もう♪
↓↓↓↓↓